夜の途中は朝の途中

穏やかに受け入れていく夜の途中
お互いがお互いに与えることができますように
穏やかに消えていく朝の途中
奪い合う前に笑い合うことができますように

やりなおせる気がしている
助けて と ありがとう を
いつも繰り返しているから

新幹線はまた新しいスピードを出した
こんなにも変わらないぼくたちを乗せるために

キッチンも新しい
こんなにも懐かしいカレーを作るために

今 生きている
そんな気がするから
この傷ジャブジャブ洗おう

与えることができますように
笑うことができますように

右手は髪をつかみ
左手が記憶していく
忘れたとしてもすぐ思い出すことができますように

*

Halfway through the night is halfway through the morning

Halfway through the night, when we get to accept each other softly,
I wish both of us could give ourselves each other

Halfway through the morning, when we start to fade away placidly,
I wish we could laugh before we take away from one another

I feel we could make it up
since I am always repeating
“Help me” and “Thank you”

The Shinkansen got up a new speed again
in order to accommodate us, who have not so changed.

The kitchen is also new
in order to make such a nostalgic curry

Now I am alive
I have such a feeling
I will wash down this scar

Only if I could give
Only if I could laugh

The right hand will grab the hair
The left hand will record it
Even if we forget it, I hope we will be able to recall it soon.

英訳
尾形麗

Back to Top